人気記事

【FX会社比較継続中】メキシコペソ/円の「売りスワップポイント」で比較!

2019年6月10日

メキシコペソ円を取り扱うFX会社はまだかなり少ないのですが、ロングポジション(買い)のスワップポイントを比較中ですが、

売りスワップポイントでの比較を確認できるページが少ない為に、メキシコペソ円の売りでスワップポイントを比較しました。

最近はサヤ取りをする人も多いので、ぜひ参考にしてみてください。

他の通貨のスワップポイントを比較、おすすめのFX会社を紹介しているページには以下のまとめページからいく事ができます。

そちらもあわせてぜひ参考にしてみてください。

メキシコペソの売りスワップポイント比較表

FX会社名 米ドル
売りスワップ
スプレッド
(米ドル円)
最小取引単位
(米ドル円)
FX会社名 米ドル
売りスワップ
スプレッド
(米ドル円)
最小取引単位
(米ドル円)

みんなのFX
{{data.mxnみんなのFXsell}} {{data.mxnみんなのFXspred}} {{data.mxnみんなのFXtsukasu}}

FXプライム byGMO
{{data.mxnFXプライムbyGMOsell}} {{data.mxnFXプライムbyGMOspred}} {{data.mxnFXプライムbyGMOtsukasu}}

GMOクリック証券(くりっく365)
{{data.mxnGMOクリック証券くりっく365sell}} {{data.mxnGMOクリック証券くりっく365spred}} {{data.mxnGMOクリック証券くりっく365tsukasu}}

外為オンライン
{{data.mxn外為オンラインsell}} {{data.mxn外為オンラインspred}} {{data.mxn外為オンラインtsukasu}}

セントラル短資FX
{{data.mxnセントラル短資FXsell}} {{data.mxnセントラル短資FXspred}} {{data.mxnセントラル短資FXtsukasu}}

外為どっとコム
{{data.mxn外為どっとコムsell}} {{data.mxn外為どっとコムspred}} {{data.mxn外為どっとコムtsukasu}}

ヒロセ通商(LIONFX)
{{data.mxnヒロセ通商LIONFXsell}} {{data.mxnヒロセ通商LIONFXspred}} {{data.mxnヒロセ通商LIONFXtsukasu}}

楽天証券
{{data.mxn楽天証券sell}} {{data.mxn楽天証券spred}} {{data.mxn楽天証券tsukasu}}

アイネット証券
{{data.mxnアイネット証券sell}} {{data.mxnアイネット証券spred}} {{data.mxnアイネット証券tsukasu}}

LIGHT FX
{{data.mxnLIGHTFXsell}} {{data.mxnLIGHTFXspred}} {{data.mxnLIGHTFXtsukasu}}

マネーパートナーズFX
{{data.mxnマネーパートナーズFXsell}} {{data.mxnマネーパートナーズFXspred}} {{data.mxnマネーパートナーズFXtsukasu}}

マネーパートナーズFXnano
{{data.mxnマネーパートナーズFXnanosell}} {{data.mxnマネーパートナーズFXnanospred}} {{data.mxnマネーパートナーズFXnanotsukasu}}

マネックスFX
{{data.mxnマネックスFXsell}} {{data.mxnマネックスFXspred}} {{data.mxnマネックスFXtsukasu}}

DMM FX
取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし

YJFX!
取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし

GMOクリック証券(FXネオ)
取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし

SBIFXトレード
取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし

ゴールデンウェイ・ジャパン

(旧FXトレード・フィナンシャル)
取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし

ひまわり証券
取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし

ライブスター証券
取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし

インヴァスト証券(トライオートFX)
取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし

FXブロードネット
取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし

外為ジャパン
取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし

マネースクエア
取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし

OANDA Japan
取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし

※2020年06月24日〜2020年07月10日間のデータ
※スワップポイントがつかない日は平均値を表示
※データには気をつけていますが、必ず公式サイトで再度確認をお願い致します。

上の表は、メキシコペソ円10万通貨を売りで持った場合に、各FX会社に1日支払う事になる金額です。

データは2020年07月10日現在でほぼリアルタイムで確認できるものですが、随時変動してるので、必ず使うFX会社で再度確認してください。

メキシコペソのスワップポイントを取り扱うFX会社が少ないのですが、今後もデータをできるだけ、増やしていきます。

表を参考にすると、メキシコペソの売りスワップが安いFX会社は「GMOクリック証券(くりっく365)」、「マネックスFX」、「マネーパートナーズFXnano」、「マネーパートナーズFX」が安くなっています。

メキシコペソの売りスワップポイントの1ヶ月平均の比較表

1日の売りスワップポイントは、固定制の所もありますが、厳密にみると変動しています。

ですのでその日1日を見るだけでは、本当に安いのかわからないところがあります。

そこでメキシコペソの売りスワップポイントの1ヶ月分の平均値を計算しました。

FX会社 メキシコペソ円の売りスワップの平均
みんなのFX(トレイダーズ証券) -155円
GMOクリック証券(くりっく365) -132円
マネーパートナーズFXnano -168円
マネーパートナーズFX -160円
FXプライム byGMO -230円
ヒロセ通商(LION FX) -370円

データは2019年4月のデータをまとめ平均の値を出したものです。

各FX会社でそれほど大きな変動もなく、平均して同じ金額のメキシコペソの売りスワップポイントを提示しています。

月の平均値を見る事で、実際のスワップポイントの値が見えてきますので、参考にするといいでしょう。

メキシコペソ円の売りスワップポイントに関しては、GMOクリック証券(くりっく365)、マネックスFX、マネーパートナーズFXnanoが平均しても価格が低いことがわかります。

メキシコペソのサヤ取りなどでは、これからのFX会社の口座開設はしておくべきでしょう。

メキシコペソ円の売りスワップポイントおすすめのFX会社

メキシコペソ円の売りポジションを持った時のスワップポイントの価格が低く安定しているおすすめのFX会社をピックアップしました。

売りの時のマイナスを少しでも抑える為に利用をおすすめします。

GMOクリック証券(くりっく365)

GMOクリック証券(FXネオ)
会社名 GMOクリック証券株式会社
評価
信託保全先 三井住友銀行、みずほ信託銀行、三井住友信託銀行、日証金信託銀行
スプレッド 米ドル/円 0.2銭(原則固定)
豪ドル/円 0.7銭(原則固定)
ポンド/円 1.0銭(原則固定)
南アランド/円 1.0銭(原則固定)
トルコリラ/円 1.7銭(原則固定)
ユーロ/円 0.5銭(原則固定)
NZドル/円 1.2銭(原則固定)
など
主なスワップポイント トルコリラ/円 {{data.tryGMOクリック証券FXネオ}}
米ドル/円 {{data.usdGMOクリック証券FXネオ}}
南アフリカランド/円 {{data.zarGMOクリック証券FXネオ}}
口座管理手数料 0円
通貨ペア数 20
最低取引通貨単位 1万通貨単位
最大レバレッジ 25倍
自己資本規制比率 386.4%
特典 はじめてFX口座を開設すると最大30,000円のキャッシュバック
  • 米ドルやポンドのスワップポイントがかなり高水準
  • 8年連続国内取引量1位(「ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2019年12月」)
  • 24時間の電話サポートで安心

 

最新情報やキャンペーンをチェック!今すぐ詳細を見る

メキシコペソ円の売りポジションで低い価格を提供してくれているのがGMOクリック証券(くりっく365)です。

しかし、口座開設にはキャンペーンもあるFXネオで登録すると良いでしょう。

なぜなら、どちらでも口座開設しても、両方のサービスが使えるからです。

マネーパートナーズ(FXnano)

マネーパートナーズFX nano
マネーパートナーズ
会社名 株式会社マネーパートナーズ
評価
信託保全先 三井住友銀行、みずほ信託銀行
スプレッド 米ドル/円 0.4銭(原則固定)
豪ドル/円 0.9銭(原則固定)
ポンド/円 1.2銭(原則固定)
など
主なスワップポイント トルコリラ/円 {{data.tryマネーパートナーズFXnano}}
メキシコペソ/円 {{data.mxnマネーパートナーズFXnano}}
南アフリカランド/円 {{data.zarマネーパートナーズFXnano}}
口座管理手数料 0円
通貨ペア数 18
最低取引通貨単位 100通貨単位
最大レバレッジ 25倍
自己資本規制比率 331.7%
キャンペーン ・新規口座開設+取引に応じてもれなく「投資のメソッド」をプレゼント
・1,000円をもらって今すぐFX取引をはじめようキャンペーン(FXnano限定)
  • トルコリラや南アフリカランドのスワップポイントが高水準
  • 一つの申込みでマネーパートナーズFXとFX nanoの両方で口座を開設可能!
  • 約定力が8年連続No.1

 

最新情報やキャンペーンをチェック!今すぐ詳細を見る

最近、スワップポイントに力を入れてきているマネーパートナーズ。

みんなのFX同様、売りも買いも両方のポジションでお得な価格を提供してくれています。

しかもFXnanoは100通貨から買えるので、少額トレードでも使えて便利!

マネックスFX

マネックスFX
FXPLUS
会社名 マネックス証券株式会社
評価
信託保全先 日証金信託銀行、三井住友信託銀行
スプレッド 米ドル/円 0.2銭〜
南アランド/円 1.0銭〜
メキシコペソ/円 0.4銭〜
など
※取引数量により変化
主なスワップポイント トルコリラ/円 {{data.tryマネックスFX}}
メキシコペソ/円 {{data.mxnマネックスFX}}
南アフリカランド/円 {{data.zarマネックスFX}}
口座管理手数料 0円
通貨ペア数 16
最低取引通貨単位 1,000通貨単位
最大レバレッジ 25倍
自己資本規制比率 340.6%
キャンペーン 特になし
  • 業界最狭水準のスプレッドが魅力!
  • 取引ツールが5つも選べて自分にあったツールで取引が可能!
  • インターネット取引手数料、クイック入金手数料、口座開設費、口座維持費、すべて0円!

 

最新情報やキャンペーンをチェック!今すぐ詳細を見る

メキシコペソ円の売りスワップで最低水準の低さを提供してくれているマネックスFX。

スプレッドに関しては全体的にかなり安いので、スワップ以外での取引でもお得なのが魅力的です。

各通貨の情報も豊富で、スワップポイントや取引に非常に役に立ちます。

まとめ

メキシコペソ円はまだまだ取り扱っている取引所が少なく、もう少し他のFX会社でも取り扱ってくれれば、かなり注目される高金利通貨のはずです。

トルコリラの下落などがあり、FX会社自体も取扱いには及び腰になってしまっている可能性がありますが、スワップポイントを狙うトレード勢の為に、ぜひ色々な取引所で扱ってほしいものですね!