人気記事

【重要】マイナススワップの回避方法とその対策を解説!

2019年6月18日

FXのトレードに関しては、昔よりはるかにたくさんの情報がネットで手に入りやすくなりました。

そのためスワップポイントを狙ってFXを始めても、しばらくするとトレードも行いたくなるもの

しかし、スワップポジション狙いのFXトレーダーは、マイナススワップにならない通貨ペアだけでトレードする事が一番大事です。

そこで今回は、初心者が陥りやすい「売りポジションによるマイナススワップ」に関して書いていきます。

マイナススワップも含めた、通貨毎のスワップポイントを比較、おすすめのFX会社を紹介しているページには以下のまとめページからいく事ができます。

そちらもあわせてぜひ参考にしてみてください。

マイナススワップとは?

マイナススワップとは、文字どおり買いポジションまたは売りポジションをとった時に、支払わなければならないスワップポイントのことをいいます。

スワップポイントは各国の金利政策の差額を基準に設定されています。

通常は

高い金利-低い金利=もらえるスワップポイントの差額基準

となるのですが、これが反転してしまうと

低い金利-高い金利=支払わなければならないスワップポイントの差額基準

になってしまいます。

例えば、日本の金利は、2020年07月現在0.01%です。

日本円でこの金利より高い通貨の「買いポジション」を持つと、金利の差額分のスワップポイントがもらえることになります。

逆に、金利の高い通貨を日本円で「売りポジション」を持つと、金利の差額を支払わなければならない事に

この場合売りポジションを持ち続ければ持ち続けるほど、損をすることになります。

これがマイナススワップと呼ばれるものです。

南アフリカランドやトルコリラのマイナススワップに注意

スワップポイントを獲得するのには、高金利の通貨の買いポジションを保有することが狙い目です。

入ってくるスワップポイントも大きいですからね。

金利の高い通貨としては、南アフリカランドやトルコリラ、メキシコペソなどが挙げられます。

しかし、これらの新興国通貨は通貨自体の価格が下落することが多いというリスクがあります。

近年ではトルコリラの暴落がその例です。

以前からだらだらと下落をしているのですが2018年8月に急落しました。

この時点でスワップポイントのトレーダーは含み損が半端ないことになっているはずです・・・

私の周りでも、かなりの人が含み損を抱えたままこの状況を見守っている感じでした。

新興国通貨はこのようなリスクがあるのです。

マイナスを経験するとトレードしたくなる!?

スワップポイント狙いのトレーダーは、通貨による含み損に対して耐性があります。

なぜならスワップポイントをもらう事がメインになるためです。

しかし、トルコリラのような暴落をした場合、必ず以下のような気持ちが湧いてきます。

「売っておけばよかった」

それはそうですよね。

売ればスワップポイント以上のマイナスを回避できたのですから。

こういう経験をすると、「売りの大切さ」を実感することになります。

そしてその後、含み損を取り返すためにトレードをしたくなってくるのです。

トレードに不慣れな人は要注意!

しかし、ここでトレードを開始するスワップトレーダーの人は、大抵失敗します

なぜなら、そのまま新興国通貨でハイリスクハイリターンでのトレードを続けてしまうからです。

トレード自体あまりしなかった人や、初心者の人が新興国通貨でのトレードはあまりにリスクが高すぎます。

しかも、売りポジションを持ち続ける事でマイナススワップも発生するため、焦ってトレードしかねません。

急にトレードを念頭においた稼ぎ方をするには本当に注意が必要です

スワップ派トレーダーはマイナススワップはとにかく回避!

ここからは「スワップで稼ぐ」事を前提で、円高時にもスワップポイントを獲得しつつ、稼ぐ方法を紹介します。

異論はあると思いますが、あくまでスワップポイントを稼ぐことが前提ですのでご了承ください。

スワップ金利狙いは原則売りポジションは取らない

南アフリカランドやトルコリラ、メキシコペソでスワップポイントを稼いでいるのであれば、下がるとしても原則売りポジションは取らない事です。

売りポジションを取った時点で、マイナススワップが発生する可能性が高く、トレードがうまくいかない場合はさらに被害を被ることになります。

売りポジションを取るのであれば、短期でハイレバレッジ、ハイリスクトレードを行う場合のみ。

トレードに慣れた時に行う事を強くおすすめします

マイナススワップを逆手にとる対策

いくらスワップポイント狙いといっても、下がり続ける新興国通貨の含み損を指をくわえて見ているわけにもいきません。

そこで円高に備えた投資をする事で、利益を上げながらスワップポイントをもらうことを考える必要があります。

どうすればいいのか?

それは売りポジションでスワップポイントがもらえる通貨ペアを設定しておく事

これによりマイナススワップを回避しながら円高に備えた投資が可能になります。

おすすめなのはユーロ/円の売りポジションです。

ユーロはマイナス金利が続いていて日本の方が金利が高いため、売りポジションを持つことでスワップポイントをもらうことができます

世界の経済状況が怪しく円高になると感じた時には、このユーロ円を売ることで利益を得ることが可能になるのです。

ユーロ/円(売りポジション)でおすすめのFX会社

まずは主なFX会社のユーロ円の売りポジションのスワップポイントを比較してみました。

データは2020年07月現在のものです。

常にデータは更新して気をつけていますが、変わる可能性もあるので必ず公式サイトで確認してください

FX会社名 ユーロ
売りスワップ
スプレッド(ユーロ/円) 最小取引単位(ユーロ円)
スプレッド
FX会社名 ユーロ
売りスワップ
スプレッド(ユーロ/円) 最小取引単位(ユーロ円)
スプレッド

LIGHT FX
{{data.eurLIGHTFXsell}} {{data.eurLIGHTFXspred}} {{data.eurLIGHTFXtsukasu}}

みんなのFX
{{data.eurみんなのFXsell}} {{data.eurみんなのFXspred}} {{data.eurみんなのFXtsukasu}}

FXプライム byGMO
{{data.eurFXプライムbyGMOsell}} {{data.eurFXプライムbyGMOspred}} {{data.eurFXプライムbyGMOtsukasu}}

GMOクリック証券(くりっく365)
{{data.eurGMOクリック証券くりっく365sell}} {{data.eurGMOクリック証券くりっく365spred}} {{data.eurGMOクリック証券くりっく365tsukasu}}

外為オンライン
{{data.eur外為オンラインsell}} {{data.eur外為オンラインspred}} {{data.eur外為オンラインtsukasu}}

セントラル短資FX
{{data.eurセントラル短資FXsell}} {{data.eurセントラル短資FXspred}} {{data.eurセントラル短資FXtsukasu}}

外為どっとコム
{{data.eur外為どっとコムsell}} {{data.eur外為どっとコムspred}} {{data.eur外為どっとコムtsukasu}}

ヒロセ通商(LIONFX)
{{data.eurヒロセ通商LIONFXsell}} {{data.eurヒロセ通商LIONFXspred}} {{data.eurヒロセ通商LIONFXtsukasu}}

楽天証券
{{data.eur楽天証券sell}} {{data.eur楽天証券spred}} {{data.eur楽天証券tsukasu}}

アイネット証券
{{data.eurアイネット証券sell}} {{data.eurアイネット証券spred}} {{data.eurアイネット証券tsukasu}}

マネーパートナーズFX
{{data.eurマネーパートナーズFXsell}} {{data.eurマネーパートナーズFXspred}} {{data.eurマネーパートナーズFXtsukasu}}

マネーパートナーズFXnano
{{data.eurマネーパートナーズFXnanosell}} {{data.eurマネーパートナーズFXnanospred}} {{data.eurマネーパートナーズFXnanotsukasu}}

マネックスFX
{{data.eurマネックスFXsell}} {{data.eurマネックスFXspred}} {{data.eurマネックスFXtsukasu}}

GMOクリック証券(FXネオ)
{{data.eurGMOクリック証券FXネオsell}} {{data.eurGMOクリック証券FXネオspred}} {{data.eurGMOクリック証券FXネオtsukasu}}

SBIFXトレード
{{data.eurSBIFXトレードsell}} {{data.eurSBIFXトレードspred}} {{data.eurSBIFXトレードtsukasu}}

ゴールデンウェイ・ジャパン

(旧FXトレード・フィナンシャル)
{{data.eurFXトレードフィナンシャルsell}} {{data.eurFXトレードフィナンシャルspred}} {{data.eurFXトレードフィナンシャルtsukasu}}

インヴァスト証券(トライオートFX)
{{data.eurインヴァスト証券トライオートFXsell}} {{data.eurインヴァスト証券トライオートFXspred}} {{data.eurインヴァスト証券トライオートFXtsukasu}}

マネースクエア
{{data.eurマネースクエアsell}} {{data.eurマネースクエアspred}} {{data.eurマネースクエアtsukasu}}

DMM FX
{{data.eurDMMFXsell}} {{data.eurDMMFXspred}} {{data.eurDMMFXtsukasu}}

YJFX!
{{data.eurYJFXsell}} {{data.eurYJFXspred}} {{data.eurYJFXtsukasu}}

OANDA Japan
{{data.eurOANDAJapansell}} {{data.eurOANDAJapanspred}} {{data.eurOANDAJapantsukasu}}

ひまわり証券
{{data.eurひまわり証券sell}} {{data.eurひまわり証券spred}} {{data.eurひまわり証券tsukasu}}

ライブスター証券
{{data.eurライブスター証券sell}} {{data.eurライブスター証券spred}} {{data.eurライブスター証券tsukasu}}

FXブロードネット
{{data.eurFXブロードネットsell}} {{data.eurFXブロードネットspred}} {{data.eurFXブロードネットtsukasu}}

外為ジャパン
{{data.eur外為ジャパンsell}} {{data.eur外為ジャパンspred}} {{data.eur外為ジャパンtsukasu}}
※ユーロ円は1万通貨で計算
※2020年06月24日〜2020年07月10日間のデータ
※スワップポイントがつかない日は平均値を表示
※データには気をつけていますが、必ず公式サイトで再度確認をお願い致します。

上の表を元に円高対策のためのユーロ/円(売りポジション)でおすすめのFX会社を紹介します。

LIGHT FX

LIGHT FX
会社名 トレイダーズ証券株式会社
評価
信託保全先 三菱UFJ信託銀行
スプレッド 米ドル/円 0.3銭
トルコリラ/円 1.7銭
豪ドル/円 0.6銭
など
主なスワップポイント トルコリラ/円 {{data.tryLIGHTFX}}
メキシコペソ/円 {{data.mxnLIGHTFX}}
南アフリカランド/円 {{data.zarLIGHTFX}}
取引手数料 0円
口座管理手数料 0円
通貨ペア数 27
最低取引通貨単位 1,000通貨単位
最大レバレッジ 25倍
自己資本規制比率 367.6%
キャンペーン ・新規口座+取引で最大5万円キャッシュバック
  • トルコリラやメキシコペソのスワップポイントがトップクラス!
  • 1,000通貨単位からの取引が可能!
  • FXに特化したサービスが非常に使いやすい!

 

最新情報やキャンペーンをチェック!今すぐ詳細を見る

トレイダーズ証券が2018年10月29日から新しく始めたFXサービスがLIGHT FXです。

まだ新しいFXサービスにもかかわらず、ユーロ/円の売りポジションでのスワップは、みんなのFXと同等でもっとも高水準。

FXに特化したサービスが非常にシンプルでわかりやすく、評判は上々です。

円高対策にはもってこいのFXサービスになります。

LIGHT FXに関しては以下のページで詳しく説明していますので、是非参加してみてください。

みんなのFX(トレイダーズ証券)

みんなのFX
会社名 トレイダーズ証券株式会社
評価
信託保全先 三菱UFJ信託銀行
スプレッド 米ドル/円 0.2銭(原則固定)
豪ドル/円 0.6銭(原則固定)
トルコリラ/円 1.6銭(原則固定)
など
主なスワップポイント トルコリラ/円 {{data.tryみんなのFX}}
メキシコペソ/円 {{data.mxnみんなのFX}}
南アフリカランド/円 {{data.zarみんなのFX}}
取引手数料 0円
口座管理手数料 0円
通貨ペア数 27
最低取引通貨単位 1千通貨単位
最大レバレッジ 25倍
自己資本規制比率 367.6%
キャンペーン 新規口座開設で最大で50,000円キャッシュバック
  • トルコリラやメキシコペソのスワップポイントがトップクラス
  • 1通貨単位からの取引が可能
  • キャッシュバックが50,000円と高単価

 

最新情報やキャンペーンをチェック!今すぐ詳細を見る

ユーロ円の売りポジションで獲得できるスワップポイントで、もっとも高水準なのがみんなのFXです。

新興国通貨のセイフティネットとして一番に考えていいFX会社でしょう。

スワップポイントで安定して稼ぐために口座開設をしておきたいFX会社の一つです。

みんなのFXに関しては以下のページに詳しく説明してありますのでぜひ参考に。

GMOクリック証券

GMOクリック証券(FXネオ)
会社名 GMOクリック証券株式会社
評価
信託保全先 三井住友銀行、みずほ信託銀行、三井住友信託銀行、日証金信託銀行
スプレッド 米ドル/円 0.2銭(原則固定)
豪ドル/円 0.7銭(原則固定)
ポンド/円 1.0銭(原則固定)
南アランド/円 1.0銭(原則固定)
トルコリラ/円 1.7銭(原則固定)
ユーロ/円 0.5銭(原則固定)
NZドル/円 1.2銭(原則固定)
など
主なスワップポイント トルコリラ/円 {{data.tryGMOクリック証券FXネオ}}
米ドル/円 {{data.usdGMOクリック証券FXネオ}}
南アフリカランド/円 {{data.zarGMOクリック証券FXネオ}}
口座管理手数料 0円
通貨ペア数 20
最低取引通貨単位 1万通貨単位
最大レバレッジ 25倍
自己資本規制比率 386.4%
特典 はじめてFX口座を開設すると最大30,000円のキャッシュバック
  • 米ドルやポンドのスワップポイントがかなり高水準
  • 8年連続国内取引量1位(「ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2019年12月」)
  • 24時間の電話サポートで安心

 

最新情報やキャンペーンをチェック!今すぐ詳細を見る

みんなのFXと同等なのがGMOクリック証券。

こちらもスワップポイントで安定して稼ぐために口座開設をしておきたいFX会社の一つです。

口座を開設するとGMOクリック証券(くりっく365)も使えるので非常に便利。

キャンペーンを狙いつつ、2種類のFXを駆使してスワップポイントを稼ぎましょう。

ゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXトレード・フィナンシャル)

ゴールデンウェイ・ジャパン
(旧FXトレード・フィナンシャル)
会社名 ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社(Goldenway Japan Co.,Ltd.)
評価
信託保全先 日証金信託銀行株式会社
スプレッド 米ドル/円 0.3銭
南アランド/円 5.0~10.0銭
豪ドル/円 0.6銭
など
主なスワップポイント トルコリラ/円 {{data.tryFXトレードフィナンシャル}}
メキシコペソ/円 {{data.mxnFXトレードフィナンシャル}}
南アフリカランド/円 {{data.zarFXトレードフィナンシャル}}
口座管理手数料 0円
通貨ペア数 31
最低取引通貨単位 1,000通貨単位
最大レバレッジ 25倍
自己資本規制比率 293.3%
キャンペーン ・FXTF MT4の口座開設&FXTF MT4を初めて取引すると5,000円
・さらに取引量ランクによって最大50,000円までの一律キャッシュバック
  • 世界水準のFXツールが無料で使える!
  • 30種類以上ものテクニカル指標が用意されていて、追加も可能!
  • 業界最狭水準のスプレッド!

 

最新情報やキャンペーンをチェック!今すぐ詳細を見る

FXTFもユーロ円の売りポジションは高水準で獲得可能。

売りポジションをもつのに便利なFX会社です。

OANDA Japan

OANDA JAPAN(オアンダ ジャパン
会社名 OANDA Japan株式会社
評価
信託保全先 三井住友銀行
スプレッド 米ドル/円 0.3銭
トルコリラ/円 1.9〜8.1銭
南アフリカランド/円 1.0〜1.1銭
など
主なスワップポイント トルコリラ/円 {{data.tryOANDAJapan}}
米ドル/円 {{data.usdOANDAJapan}}
南アフリカランド/円 {{data.zarOANDAJapan}}
口座管理手数料 0円
通貨ペア数 71
最低取引通貨単位 1通貨単位
最大レバレッジ 25倍
自己資本規制比率 270.13%
キャンペーン 現在なし
  • スワップポインでは先進国通貨の米ドル、ポンドが強い!
  • SBI FXと同じく最小1通貨〜取引可能
  • 狭いスプレッドと高い約定力が魅力

 

最新情報やキャンペーンをチェック!今すぐ詳細を見る

こちらもユーロ円の売りポジションはFXTFと同等。

1通貨から取引できる数少ないFX会社で、初心者におすすめ。

この他にも、FXブロードネットSBIFXトレードなどもおすすめです。

アービトラージでマイナススワップを活用

マイナススワップを持たない売りポジションで売りに備える方法でダメージを減らす方法を紹介してきましたが、もう一つ方法があります。

それは「アービトラージ(さや取り)」という方法です。

別々のFX会社で、同じ通貨ペアを探し、片方は買いポジション、片方は売りポジションを同じ通貨数保有すれば完成です。

短期的に大儲けする事は困難ですが、強力なリスクヘッジになります。

詳しい方法は以下のページで説明していますので、是非参考に!

まとめ

スワップポイントで稼ぐ事が前提として、マイナススワップを持たない事はわかって頂けたと思います。

その上で円高でも対応できるように、対策をして置くことでリスクを軽減できます。

以下4つの事をしっかり守って、スワップポイントで堅実に稼いでいきましょう。

  1. 売りポジションでのマイナススワップを発生させない。
  2. スワップを積み重ねて、含み損をカバー。
  3. 売りポジションでスワップポイントが貰える通貨ペアを保有し、円高対策で売りの準備をしておく。
  4. 場合によってはアービトラージで更にリスク回避。

スワップポイントは積み重ねが大事です。

大きく稼ぐ事は難しいですが、リスクを減らしながら資産を増やす方法でもあります。

一時的な含み損に右往左往せず、長期で資産を増やしていけると最高ですね。