人気記事

【15社比較】トルコリラ円の「売りスワップポイント」を徹底比較!

2019年6月10日

スワップポイントで重要なのは、もちろんスワップポイントを獲得することですが、もう一つ知っておかなければいけないことがあります。

それは売りから入った時、つまり「ショートポジション」を持った時に支払うスワップポイントの確認です。

トルコリラの場合、日本の政策金利より高いため、売りから入った場合はほぼ確実にスワップポイントを支払わなければなりません!

ですので、これを知らずにトルコリラの売りから入ってしまうと、思わぬ損をしてしまう場合があります。

またスワップポイントのサヤ取りをするためにも絶対に必要な情報になりますので、確認してみてください。

トルコリラ円の買いでのスワップポイントのFX会社比較は以下のページで詳しく紹介しています。

ほぼリアルタイムにデータが更新されますので、ぜひ参考にしてみてください。

他の通貨のスワップポイントを比較、おすすめのFX会社を紹介しているページには以下のまとめページからいく事ができます。

そちらもあわせてぜひ参考にしてみてください。

2020年07月現在の申し込みランキング

  1. LIGHT X
    スワップポイントとスプレッドが共に業界最高、業界最狭水準!初心者にも安心に使えるシンプルツールとプロも納得のトレードツールの2種類が使え、FXに特化したサービスが使いやすいと評判。今なら・新規口座+取引で最大5万円キャッシュバック

  2. FXプライム byGMO
    プロも認める約定力!約定実績100%、鉄壁の取引システムで落ちないFXサーバ、FX取引での「成功」を強力にサポートする便利な高機能ツールと安定感があります。今なら最大10,000円キャッシュバック!

  3. 外為オンライン
    年間取引高No.1!iサイクル注文が非常に強力なツールで、トレンド転換まで賢く判断してくれ、初心者でも扱いやすい!そして今なら5,000円キャッシュバック(ハードルが低い!)

トルコリラの売りスワップポイント比較表

FX会社名 米ドル
売りスワップ
スプレッド
(米ドル円)
最小取引単位
(米ドル円)
FX会社名 米ドル
売りスワップ
スプレッド
(米ドル円)
最小取引単位
(米ドル円)

みんなのFX
{{data.tryみんなのFXsell}} {{data.tryみんなのFXspred}} {{data.tryみんなのFXtsukasu}}

FXプライム byGMO
{{data.tryFXプライムbyGMOsell}} {{data.tryFXプライムbyGMOspred}} {{data.tryFXプライムbyGMOtsukasu}}

GMOクリック証券(くりっく365)
{{data.tryGMOクリック証券くりっく365sell}} {{data.tryGMOクリック証券くりっく365spred}} {{data.tryGMOクリック証券くりっく365tsukasu}}

外為オンライン
{{data.try外為オンラインsell}} {{data.try外為オンラインspred}} {{data.try外為オンラインtsukasu}}

セントラル短資FX
{{data.tryセントラル短資FXsell}} {{data.tryセントラル短資FXspred}} {{data.tryセントラル短資FXtsukasu}}

外為どっとコム
{{data.try外為どっとコムsell}} {{data.try外為どっとコムspred}} {{data.try外為どっとコムtsukasu}}

ヒロセ通商(LIONFX)
{{data.tryヒロセ通商LIONFXsell}} {{data.tryヒロセ通商LIONFXspred}} {{data.tryヒロセ通商LIONFXtsukasu}}

楽天証券
{{data.try楽天証券sell}} {{data.try楽天証券spred}} {{data.try楽天証券tsukasu}}

アイネット証券
{{data.tryアイネット証券sell}} {{data.tryアイネット証券spred}} {{data.tryアイネット証券tsukasu}}

LIGHT FX
{{data.tryLIGHTFXsell}} {{data.tryLIGHTFXspred}} {{data.tryLIGHTFXtsukasu}}

マネーパートナーズFX
{{data.tryマネーパートナーズFXsell}} {{data.tryマネーパートナーズFXspred}} {{data.tryマネーパートナーズFXtsukasu}}

マネーパートナーズFXnano
{{data.tryマネーパートナーズFXnanosell}} {{data.tryマネーパートナーズFXnanospred}} {{data.tryマネーパートナーズFXnanotsukasu}}

マネックスFX
{{data.tryマネックスFXsell}} {{data.tryマネックスFXspred}} {{data.tryマネックスFXtsukasu}}

GMOクリック証券(FXネオ)
{{data.tryGMOクリック証券FXネオsell}} {{data.tryGMOクリック証券FXネオspred}} {{data.tryGMOクリック証券FXネオtsukasu}}

SBIFXトレード
{{data.trySBIFXトレードsell}} {{data.trySBIFXトレードspred}} {{data.trySBIFXトレードtsukasu}}

ゴールデンウェイ・ジャパン

(旧FXトレード・フィナンシャル)
{{data.tryFXトレードフィナンシャルsell}} {{data.tryFXトレードフィナンシャルspred}} {{data.tryFXトレードフィナンシャルtsukasu}}

インヴァスト証券(トライオートFX)
{{data.tryインヴァスト証券トライオートFXsell}} {{data.tryインヴァスト証券トライオートFXspred}} {{data.tryインヴァスト証券トライオートFXtsukasu}}

マネースクエア
{{data.tryマネースクエアsell}} {{data.tryマネースクエアspred}} {{data.tryマネースクエアtsukasu}}

DMM FX
取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし

YJFX!
取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし

OANDA Japan
取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし

ひまわり証券
取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし

ライブスター証券
取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし

FXブロードネット
取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし

外為ジャパン
取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし

※2020年06月24日〜2020年07月10日間のデータ
※スワップポイントがつかない日は平均値を表示
※データには気をつけていますが、必ず公式サイトで再度確認をお願い致します。

上の表は、トルコリラ円1万通貨ショートポジションで持った時に発生するFX会社のスワップポイントです。

わかりやすいように、売りスワップの安い順で順位を変動させています。

現在(2019年5月)トルコリラは価格は以前程ではないものの、価格の上下が結構頻繁にあります。

政策金利に大きく影響してくるので注意が必要です。

このことに関しては以下のページで見通しなど検証をしていますので参考にしてください。

ロングポジション、いわゆる買いで入った場合とは違い、マイナスが小さいFX会社ほどあなたにとっては損失が少ない会社になります。

表を参考にすると、トルコリラの売りスワップが安いFX会社は「セントラル短資FX」、「GMOクリック証券(FXネオ)」、「マネースクエア」、「SBI FXトレード」などです。

月毎のトルコリラの売りスワップポイント比較表

1日の売りスワップポイントを確認するのはもちろん重要ですが、情勢の変化やFX会社の方針によりスワップポイントの価格が変化する場合があります。

その場合は1日の売りスワップポイントで見るより、月毎で見ていくとそのFX会社が実際のスワップポイントの推移が明らかになってきます。

そこでトルコリラの売りスワップポイントが安いいくつかのFX会社の月ごとのスワップポイントの合計推移を調査しました。

FX会社
GMOクリック証券(FXネオ)

FXプライム byGMO

マネースクエア

SBIFXトレード
2019年1月 -2,409円 -2,580円 -3,360円 -3,034円
2019年2月 -2,404円 -2,655円 -2,492円 -3,114円
20,9年3月 -2,657円 -2,790円 -2,537円 -2,995円
2019年4月 -2,995円 -3,345円 -2,804円 -3,435円

トルコリラ円の売りスワップポイントに関しては、GMOクリック証券(FXネオ)が安定して低かったのですが、2019年3月を境に徐々に高くなっています。

逆にマネースクエアは、2019年の3月から他社より安くなっていて、今後も最低水準をキープしてくれるのか楽しみです。

最近ではSBI FXトレードやFXプライム byGMOが売りのスワップポイントを安く抑えてくれています。

こう見ていくとどのFX会社が価格を下げているのか上げているのかが長期のスパンで見ることができ、口座開設をする際の大きな指標になります。

トルコリラ円の売りスワップポイントおすすめのFX会社

データを検証してトルコリラ円の売りから入った時のスワップポイントでおすすめのFX会社をピックアップしました。

セントラル短資FX

セントラル短資FX
FXダイレクトプラス
会社名 セントラル短資FX株式会社
評価
信託保全先 三井住友銀行
スプレッド 米ドル円 0.3銭(原則固定)
メキシコペソ円 0.4銭(原則固定)
南アランド円 0.9銭(原則固定
など
主なスワップポイント トルコリラ/円 {{data.tryセントラル短資FX}}
メキシコペソ/円 {{data.mxnセントラル短資FX}}
南アフリカランド/円 {{data.zarセントラル短資FX}}
口座管理手数料 0円
通貨ペア数 25
最低取引通貨単位 1,000通貨単位
最大レバレッジ 25倍
自己資本規制比率 837.5%
キャンペーン 新口座開設+取引で最大500,000円キャッシュバック
  • 長期信用格付はFX専業会社内で9年連続NO.1を達成する優良FX会社!
  • 高度なテクニカル分析がわからなくても「みらいチャート」で初心者も安心!
  • 「クラブオフ」というVIP会員用のクラブサービスで優待が受けられる!

 

最新情報やキャンペーンをチェック!今すぐ詳細を見る

セントラル短資FXは現在トルコリラ円の売りスワップポイントが最低水準のFX会社です。

他社と比べてもその安さは頭一歩リードしているので、サヤ取りの方法を利用する場合は現在最有力候補といえます。

このまま低い水準で維持してもらえると嬉しいですね!

また他の高金利通貨のスワップポイントも高く提供していくれているので、まだ開設していないのであれば、口座を開設しておいた方がいいでしょう。

GMOクリック証券(FXネオ)

GMOクリック証券(FXネオ)
会社名 GMOクリック証券株式会社
評価
信託保全先 三井住友銀行、みずほ信託銀行、三井住友信託銀行、日証金信託銀行
スプレッド 米ドル/円 0.2銭(原則固定)
豪ドル/円 0.7銭(原則固定)
ポンド/円 1.0銭(原則固定)
南アランド/円 1.0銭(原則固定)
トルコリラ/円 1.7銭(原則固定)
ユーロ/円 0.5銭(原則固定)
NZドル/円 1.2銭(原則固定)
など
主なスワップポイント トルコリラ/円 {{data.tryGMOクリック証券FXネオ}}
米ドル/円 {{data.usdGMOクリック証券FXネオ}}
南アフリカランド/円 {{data.zarGMOクリック証券FXネオ}}
口座管理手数料 0円
通貨ペア数 20
最低取引通貨単位 1万通貨単位
最大レバレッジ 25倍
自己資本規制比率 386.4%
特典 はじめてFX口座を開設すると最大30,000円のキャッシュバック
  • 米ドルやポンドのスワップポイントがかなり高水準
  • 8年連続国内取引量1位(「ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2019年12月」)
  • 24時間の電話サポートで安心

 

最新情報やキャンペーンをチェック!今すぐ詳細を見る

2018年に入ってから、売りでのトルコリラ円のスワップポイントを安くしてくれているのがGMOクリック証券(FXネオ)です。

サヤ取りなど使う場合にも、第一候補といっていいでしょう。

今後どれくらい安定的にトルコリラの売りのスワップポイントの価格を安く維持してくれるか注目です。

マネースクエア

マネースクエアもトルコリラ円の売りスワップポイントが低くおすすめなFX会社です。

売りスワップポイントが全体的に低めなので、サヤ取りに利用する際は非常に有効なFX会社の一つです。

SBI FXトレード

SBI FXトレード
会社名 SBI FXトレード株式会社
評価
信託保全先 みずほ信託銀行、FXクリアリング信託
スプレッド 米ドル/円 0.27銭
南アランド/円 0.99銭
トルコリラ/円 4.8銭
など
主なスワップポイント トルコリラ/円 {{data.trySBIFXトレード}}
米ドル/円 {{data.usdSBIFXトレード}}
南アフリカランド/円 {{data.zarSBIFXトレード}}
口座管理手数料 0円
通貨ペア数 26
最低取引通貨単位 1通貨単位
最大レバレッジ 25倍
自己資本規制比率 1,468.8%
キャンペーン ・新規口座開設するだけで500円が貰える(すぐに取引可能)
・最大30,000円キャッシュバック
・高級肉プレゼントなど
  • スワップポイントが全体的に高水準
  • 通貨1枚から購入可能※スワップの場合は変動
  • オリコンFX初心者部門1位のわかりやすさ

 

最新情報やキャンペーンをチェック!今すぐ詳細を見る

トルコリラ円での売りスワップポイントが安く、かつ円買いのスワップポイントが高いのがSBI FXトレードです。

ただ、トルコリラの不安定な価格の影響か、売りのスワップポイントが少しづつ上がっているのが気になる所。

今後またトルコリラが安定してくれば以前の価格に戻る可能性もあるので、要チェック!

まとめ

現在(2019年5月)は、トルコリラ円も大分落ちつてきたましたが、未だにショートでの為替取引をする人が増えている状態です。

株や仮想通貨とは違い、スワップポイントがあるFXは売りで入った時でも気をつけなければいけません。

初心者の人にはショートポジションを取ることは少し難しいかもしれませんが、もしショートポジションを行う場合は、必ず売りのスワップポイントも確認してください。